最新のお知らせ

  • anshinnet11

東京芝浦電気(株)

更新日:6月27日

先日、札幌市内で消防設備点検を行ったアパートの火災受信機です。


 弊社にご依頼頂いて初めての点検でしたが、

 今まで、見た記憶が無い受信機でした。

データ等を控える為、内部を確認していたら、

メーカーがなんと「東京芝浦電気株式会社」現在の東芝です。


 型式失効の設置上の特例期間は過ぎているのですが、

(型式失効:現行の技術水準に適合しなくなった旧式の機器で、用途や条件によっては、交換を消防法で義務付けされております。)


 共同住宅の場合、交換は義務付けされておりません。

 ただし、交換部品等の欠如や経年劣化により正常な動作を見込めるかは難しいので、

交換義務が無い場合でも、提案としてリニューアルをおすすめしております。


 型式失効以外でも、各メーカーにて生産終了から10年程度は部品在庫の確保に努力されているようですが、確実ではないようです。


 業者としては、古い機器は交換して安全に、確実に作動する状況を作りたい気持ちもありますが、お客様の気持ちで考えると消防設備は交換したからといって、直接利益につながることは、ほぼ無い事や建物の残存期間とのしがらみで法令で指摘されない程度の保全に努めたいというお話も多く聞きます。


 災害を防ぐ「防災屋」と言われる業者や営利企業としては観点からすると、失格かもしれませんが、リニューアルと機器延命の着地点を届出する消防に確認しながら、お客様と一緒に考えていきたいと思っております。





最新記事

すべて表示

北海道でも暑い日が続いておりますが、去年程では無いので、慌てて設置したエアコンも思った程、稼働してないので、少しだけ節電に協力できている毎日に安心している筆者です。 先日、お問い合わせがあった内容で「消防がきてワーワー言って、紙届いたけど、どうすればいいの?」 その時の弊社のとった対応です。 ①可能であれば記載されている内容を読み上げて頂きました。 ②改善すべき内容が記載されておりますので、改善方

師走に入り、傷ましい事故、事件が報道される事が多くなっております。 消防設備に関する事でも大きな火災が大阪市北区内ビルで発生し、 死者24名という傷ましい火災事故(事件)となりました。 謹んでお悔やみ申し上げます。 大阪市消防局報道発表資料より、(令和3年12月17日(金曜日)に大阪市北区内のビルで発生した火災について)引用させて頂きますと、 被害状況として、 耐火造 地上8階建 建面積104平方

昨日、一緒に仕事してた方が芸能人で消防設備の資格を取って働いている人いるらしいですよと教えて頂きました。 さっそく検索してみると、元ザブングルの加藤さんが乙種6類の消防設備士と第1種消防設備士を取得して実際に現場で働いているようです。 更に消防設備業界初のTV番組にもレギュラー出演もされているようです。 実際、北海道でも消防設備業界は人材不足で常に社員以外の一次請負を募集している状態で、個人事業主